ブラックリベンジ


日本のドラマが海外ドラマには到底追いつかないことが分かる、超低クオリティーサスペンスドラマ。1点(100点満点)

ブラックリベンジのあらすじ

将来有望な政治家だった寺田圭吾(高橋光臣)は「週刊星流」にスキャンダル記事をスクープされ、それを苦に自殺。

妻の今宮沙織(木村多江)は最愛の人、そして生まれてくるはずだった新しい命を奪われる。5年後、そのスキャンダルがねつ造である事を知った沙織は「週刊星流」の契約ライターになり、スキャンダルをねつ造した塚本修二郎(神尾佑)、愛原サユミ(芹那)、南條夕子(横山めぐみ)への復讐を誓う。

沙織はネット通販会社の女社長、南條に復讐するために動き出す。そんな折、沙織は「週刊星流」デスクの天満龍二(平山浩行)から依頼され、沙織の事を調べていた便利屋の城田純一(DAIGO)に復讐を気付かれて恐喝される。天満自身も独自に動いて沙織の正体を探る。

5年前に圭吾の記事を書いたのは天満だった。沙織は南條が芸能の仕事をエサにモデルの川崎隼也(大和孔太)を食い物にしている事実を突き止め、隼也を説得するために直撃する。沙織は隼也に南條との関係を独占告白させようと考えていた・・・。南條を地獄の底に叩き落し、復讐を完遂させるために・・・。

ytvより

ブラックリベンジの主題歌が全然内容と合っていない

どういう経緯でこの曲になったのか疑問なんですが、復讐ドラマなのになぜか軽いノリのポップスが主題歌になっています。スーパーとかでかかってそうな曲ですね。歌詞だけそれっぽくすればいいってもんじゃないだろ。これで、ハラハラドキドキする?

ブラックリベンジが低レベルすぎて泣けてくる

佐藤友治脚本、木村多江主演による、日本のドラマがいかにしょぼいかを象徴するドラマ。演技下手、脚本ボロボロ、リアリティーなし、インパクトなし、興奮なし、予想外の展開なしのなんにもないシリーズです。

久々に民放放送のドラマを見ましたが、ひどい有様ですね。相変わらずこんなレベルのコンテンツを作って、受身体質の視聴者に売ってるんですね。時代遅れにもほどがあって、すごいわ。

物語は、やり手の政治家である夫を嘘のスキャンダルによって自殺に追い込まれ、自分の子供まで流産してしまった今宮沙織(木村多江)が週刊誌の契約ライターになって、自分たちを苦しめた政治家たちに報復をしかける、という復讐ドラマになっています。

目指すところは海外の政治ドラマなんでしょうか。「ハウス・オブ・カード」、「スキャンダル 託された秘密」とかにうっすら憧れて、作り出したはいいけれど、予算もスケールも全てが小さいので、安っぽくなってしまったみたいな作品ですね。

作り物感丸出しの自宅やオフィスしか登場しないところを見ると、監督や脚本家や俳優だけでなく、裏方のレベルも一律で低いことが分かります。見てヒロインのこの自宅。

家具のチョイスとか、ライティングのセンスとか、空間の使い方とかSF映画かよ。

こっちはヒロインの通う精神科医の診療所です。落ち着かねえだろ、こんなところ。

旦那と子供を亡くして精神を病んだヒロインはこんなことになっていました。髪の毛白すぎだろ!精神病んでるのにまゆげとメイクはばっちり整ってるっておかしいだろ。

ストーリーは政治家のスキャンダルにフォーカスしています。しかし政治家に愛人がいるとか、裏金を受け取っただのってベタすぎて全然面白くないです。

ちなみに元週刊文春記者でジャーナリストの中村竜太郎が監修を担当しているそうですが、それでこのぐらいのネタしか出てこないって信じられないですね。

次期総理大臣候補の塚本修二郎の愛人が銀座のホステスなんだって。分かりやすぅー。大事な時期に、そんなにばれやすい失態犯すわけねえだろ。

こんなドラマでももし一話を見ちゃったら、家で暇にしているおば様たちならついつい続けて見ちゃうんですよね、ドラマって。

でも国民が日頃から低レベルのコンテンツに慣れてしまうってすごく怖いことですね。毎日ファーストフード食べさせられてたら、そりゃあ本当の美味しい料理が何かが分からなくなるよね。普段からこんなの見せられてたら「シン・ゴジラ」とか「22年目の告白-私が殺人犯です」が売れるわけだわ。

それにしても木村多江っていつから人気女優みたいなことになってるんですか?演技下手くそすぎるだろ。特に彼女の泣く演技に注目して見てください。全然泣けてないから。逆にこっちが泣けてくるっつーの。

「ブラックリベンジ」は以下のサービスの無料体験で視聴できます。

>>「ブラックリベンジ」をFODで視聴する

>>「ブラックリベンジ」をdTVで視聴する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう