世界から猫が消えたなら

kuso

卑怯な演出しか使っていない、映画の歴史に残る恥さらし作品。まともなエピソードがひとつもなく、演技もひどく、痛いセリフのオンパレードで、感動の押し売りにイライラすること間違いなしです。マイナス100点(100点満点)

あらすじ

ある日、余命いくばくもないごく平凡な30歳の郵便配達員(佐藤健)の前に、自分と同じ容姿を持つ悪魔(佐藤健)が出現する。その悪魔は、彼の身の回りの大切なものと引き換えに一日の命をくれるというのだ。次々と電話や映画や時計などが消えていく中、彼は初恋の女性(宮崎あおい)と再会し、共に過ごした日々を振り返る。

シネマトゥディより

世界から猫が消えたならが駄作で、つまらない理由はこれ!

センスのかけらもない、ごちゃごちゃなストーリーと動物&重病というお決まりの感動ネタを武器にした、日本、いや世界映画界の恥ともいえる作品です。

こんなごちゃごちゃした映画は正直見たことがないです。編集とストーリー構成がひどく、視聴者のことをこれっぽちも考えていないことが分かります。ごちゃごちゃぶりはこんな感じです。

  • 恋愛映画なのか家族映画なのかごちゃごちゃ
  • 誰の死を扱っているのかごちゃごちゃ
  • 動物映画なのかヒューマン映画なのかごちゃごちゃ
  • 現在の話なのか過去の話なのかごちゃごちゃ
  • 舞台がごちゃごちゃ(なんでいきなりアルゼンチン?)

感動させることが目的だから他のことはどうでもいいのか、悲しいエピソードをひとまとめにして放り投げただけの代物です。それもろくなアイデアがないから、感動させる手段といえば「死」を使うしかないっていうね。最低の演出だな。

物語の中にはとにかく色んな死が転がっています。

  • 主人公の死
  • 猫の死
  • 母親の死
  • 旅行者の死

これらをいちいち感傷的に描くばかりに途中から誰の話だか全く分からなくなってしまいます。ストーリーは、主人公の脳に腫瘍ができて余命わずかである、というところからスタートするのにいつのまにかお母さんの病気やら、猫の死やら、バックパッカーの死にかなりの時間を割いているのが意味不明でした。誰にフォーカスしたいの?

明日死ぬかもしれない主人公が入院もせず、病院から普通に歩いて家まで帰ってきたり、何かあると全速力で走りだしたり、病の感じが全然表現できていなくて笑えます。今日が人生最後の日かもしれないという緊迫感がないから感情移入ができません。

脚本の寒さは歴史に残るレベルで、まだAI(人口知能)に書かせたほうがよっぽど自然な言葉になっていたでしょう。ではここでありえないセリフの数々を紹介したいと思います。

世界から猫が消えたならの名言&印象的な場面

kuso3

(物語の冒頭での主人公のセリフ)

「この世界にもし猫がいなくなったら、どうなるんだろう?」

おいボケ、世界中の人々が猫好きっていう前提で話を進めるな。

(物語の冒頭での主人公のセリフ)

「この世界にもし僕がいなくなったら、どうなるんだろう?」

っていうかお前誰だよ? そもそもお前(主人公)が誰だか分かってもない物語の冒頭でこれを言うことが自分勝手なんだって。

kuso622

アルゼンチンのバーでのバックパッカー、トムさんの一言。

「トムさんはなんで世界中を旅してるんですか」(宮崎あおい)

「時間から逃げ回ってるんだよ。人生を秒とか分とかで区切って、不自由にしてるのは人間だけだ」(トム)

うわあああああ。キモぃぃ。こんなこと言う旅行者がいたら引っ叩いていいですよ。ブエノス・アイレスのベタなスポット回って、なに旅人ぶってるの?

kuso6222

アルゼンチンのレストランでタンゴを鑑賞しながらのトムさんの一言。

「旅をしてると、この世界にはたくさんの残酷なことがあるってことを知る。けどなそれと同じくらい美しいものがあるっていうことにも気がつくんだ」(トム)

こんなこと言う奴いますか? なんかだんだんトムさんにはまってきたわ。それにしてもトムさんってロマンチックだなあ。

ところがしかしそんなトムさんは車にひかれて呆気なく死んでしまいます。世界を旅して回った経験がある割にはアルゼンチンの交通事情に慣れていなかったんでしょうか。

そんなトムさんが交通事故で命を落とした直後に主人公の彼女(宮崎あおい)がこんなことを言います。

kuso5

kuso2

「生きてやるぅー、絶対生きてやるぅー」(宮崎あおい)

そもそもそこイグアスの滝ですけど。なんで号泣するほど大切な友達が死んだばかりなのにゴリゴリの観光名所に行けるのよ? 楽しむ気満々じゃねえかよ。

kuso622222

kuso62222

温泉街に主人公が家族と一緒に行ったときのワンシーン。

「本日はあいにくお部屋は満室でございます」(ホテルの女将)

「でもそんな、そこをなんとか」(主人公)

なんで、お母さんが車椅子で移動しなきゃならないほど重病なのに温泉街に行くときに予約取っておかないの? 頭悪いの? 旅館を片っ端から走り回ったから頑張ったとかじゃないんだよ。準備段階で失敗してるんだよ。

kuso62

DVD屋の店員ツタヤが主人公のために映画を探しているシーン。

「見つからないんだ、あいつの見る映画を探すのが俺の役目なんだ。あいつはもう死ぬんだ」(ツタヤ)

お前の店はタイトル検索できないの? 店員が一つ一つ手で探さないといけないの? 昭和の図書館かよ。

などなど、まともな話が一つも見当たりませんでした。一番恐ろしいのはこの映画の出来が悪いことではなく、日本でそこそこヒットしたという事実です。病んでるよなぁ、日本社会って。

>>「世界から猫が消えたなら」はU-NEXTで視聴できます