動画配信サービス完全ガイド

VODの歩き方

詳細はこちら

あん

この記事は 約4 分で読めます。

an

2つ目の窓」、「七夜待」、「」などで知られる日本一寒い女監督河瀬直美による、元ハンセン病のお婆さんと元犯罪者の男との交流を描いた人間ドラマ。

途中までかなりいい線行っているのに、後半から感動狙いになって見事に墜落する作品です。46点(100点満点)

映画あんのあらすじ

刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江(樹木希林)という女性がやって来る。その店で働くことを強く希望した徳江を千太郎は採用。

徳江が作る粒あんが評判となり、店は大繁盛。そんな中徳江は、つぶれたどら焼きをもらいに来ていた女子中学生のワカナと親しくなる。ところがある日、かつて徳江がハンセン病を患っていたことが近所に知れ渡り……。

シネマトゥディより

映画あんの感想

樹木希林の独壇場といってもいい映画です。樹木希林の経験と技術と魂を感じさせる演技には痺れます。永瀬正敏も普通にいい仕事しています。ただ、肝心のストーリーが惜しいです。

物語は、千太郎(永瀬正敏)が営むどら焼き屋にふと現れた元ハンセン病の老女徳江(樹木希林)が美味しいあんこを持参したことがきっかけで、店で働き出すことなり、やがて二人の間に親子のような絆が生まれていく、といった感じです。

小豆に対する徳江のこだわりやあんこの調理の過程は見ていてとても面白く、ついついどら焼きが食べたくなります。あんこがないので、僕は思わずホットケーキを焼いてしまったぐらいです。それぐらいむしょうに粉ものが食べたくなります。

さて、熟年のレシピと経験豊富なパートナーを手にした千太郎のどら焼き屋は評判になり繁盛しだしたところで、物語の中に「ハンセン病」が割り込んできます。なんでも近所に「ハンセン病」が知れ渡ったことで、店に人が全く来なくなったらしく、それ以降は千太郎と徳江の人生が転落していく、といった展開になっています。

あのまま料理映画として終わってくれたほうがよっぽど面白い映画になってたことでしょう。しかしメインのテーマが「ハンセン病」なので、そういうわけにはいかないのは分かっても、急に物語全体が暗くなって、何もかも上手く行かなくなり、挙句の果てには徳江が死んでしまうというネガティブ一辺倒の描写がいけません。

そして見せ場として用意したシーンで絶望と悲観と感動を全部合わせようとするから寒くなるんですよ。「どうですかみなさん、可哀相でしょ? だってこんなに心優しいお婆さんが死んじゃうんですよ?」という河瀬直美の声が聞こえてくるようでした。

そもそも近年の日本でハンセン病のことを知っている高校生ってどれくらいいますか? 現代の日本では稀な病気とも言えるのにお客さんの高校生があそこまで過剰反応するかどうかは疑問です。

あれはハンセン病じゃなくてエイズとかジカ熱とかにするべきでしたね。店長もブラジル人にして、アホな高校生が「ジカ熱が移るから、ブラジル人のどら焼き食べないほうがいいよ」などと言うのでもよかったですね。

あと、千太郎と徳江の間に絆は生まれたとしても、あの女子高生の存在が意味不明でした。彼女なにか関係ありますか?

彼女が徳江に対してあれほどの愛着を見せている理由が全く見当たりませんでしたね。完全に樹木希林と孫の内田伽羅の共演という話題づくりのためじゃないですか。

それと、ラストシーンの「どら焼き、いりませんかぁー」に気持ちがこもりすぎて怖いです。クリスマス前に寒い中サンタクロースの格好で外でケーキを売らされてる販売員ぐらいの威圧感があります。あんなふうに客引きされたら、怖くて誰も買いに行けませんよ。

>>「あん」はU-NEXTで視聴できます

コメント

  1. 映画男浅薄w より:

    はなっから、文句垂れてやろうと身構えて生きてる人生、、、、

    惨めだなw

  2. CCCP より:

    参考にならない0点
    知性の欠片もない貧相な文をつらつら書き連ねて非常に滑稽なレビューです