映画アバウト・タイムは馬鹿カップルの話!感想とネタバレ

この記事は 約3 分で読めます。

About Time trailer - video

ラブコメとSFをミックスさせたユルユルのイギリス映画。自分の好きな時間に戻れる超能力を持った青年ティムが、ことあるごとにタイムスリップして人生をやり直す超ご都合主義物語。

散々タイムスリップした挙句最後は「今を大事に生きろ」などといった教訓を残そうとするやかましい一本。37点(100点満点)

アバウト・タイム~愛おしい時間について~のあらすじ

自分に自信がなく恋人のいないティム(ドーナル・グリーソン)は21歳の誕生日に、父親(ビル・ナイ)から一家の男たちにはタイムトラベル能力があることを告げられる。

恋人を得るため張り切ってタイムトラベルを繰り返すティムは、やがて魅力的な女性メアリー(レイチェル・マクアダムス)と恋をする。しかし タイムトラベルによって生じたアクシデントにより、そもそもメアリーと出会っていなかったということになってしまい……。

シネマトゥディより

アバウト・タイム~愛おしい時間について~の感想

笑いも薄ければ、ストーリー設定も、主人公のキャラもなにもかもが薄い映画です。イギリス特有の皮肉ったユーモアにもキレがなく、笑えても「ふふふ」程度でした。

「ある日、父親からティムはタイムトラベル能力があることを告げられる」。この部分だけを切り取っても顔が真っ赤になります。

そのシーンでは主人公が「ウソでしょ、タイムトラベルなんてできるわけじゃない。たとえそれが本当だったとしても、、、」などとわざとらしい半信半疑の演技を繰り返しますが、あれも見ていられませんでした。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のように独自の世界観、タイムマシン、時代性を作り上げてくれたら観客もスッと入っていけます。

ですがこの映画の場合、タイムスリップの仕方もクローゼットに入って目をつぶって拳を握るだけ。時空を飛び越えて向かう先は数日前だったり、数か月前だったりと現在と近すぎて、視聴者はしょうがないからこの設定に付き合ってやるかといった感じで見るしかないのです。

終盤になるとお約束通り、ティムの家族が亡くなります。それを機に時間とはかなにか、人生とは何かを考えるようになり、「やっぱり時間って大切だよねえ」的な結論に持っていくシナリオになっています。

何か失敗したらすぐに過去に戻ってやり直しばかりしてきた男に「今日が人生の最後の日だと思って生きないとだめだよ」とか言われても説得力なんかないわけで、「時間が大切だ」と説く映画のくせに、上映時間はしっかり2時間以上も取るという矛盾が許せませんでした。おい、視聴者の時間は大事じゃないのかよ。

ティムとメアリーの恋愛だけでもよかったんじゃないかなという気もしましたね。二人のやり取りなんかは結構女性受けしそうなセリフがたくさんありました。

「いい提案してくれないと、ブラジャーは取らないわよ、パンティーを脱ぐにはもっと素敵なこと言ってもらわないとダメよ」とかいって遊んだりしてる二人がおバカで、実際彼氏、彼女とこんなことしちゃってるという人には共感できて、楽しめるかもしれません。映画館で終始真っ赤な顔をしている男女がいたら、そういうタイプのバカカップルだと思っていいでしょう。

コメント

  1. こんにちわ より:

    Wild targetはどうでしょうか。

  2. Hana より:

    「視聴者の時間は」のくだり、よくぞ言ってくれました‼