動画配信サービス徹底比較!

面白い映画が見れるVODってどれ?

答えはこちら

サウルの息子はイライラする!ネタバレと感想

この記事は 約4 分で読めます。

saul

海外の映画祭の賞を総なめにした、アウシュヴィッツ(強制収容所)を舞台にしたナチス映画。緊張感と臨場感が半端なく、スクリーンから目が離せなくなるものの、主人公の行動にイライラさせられる後味の悪い作品。68点(100点満点)

サウルの息子のあらすじ

1944年10月、ハンガリー系ユダヤ人のサウル(ルーリグ・ゲーザ)は、アウシュビッツ=ビルケナウ収容所でナチスから特殊部隊“ゾンダーコマンド”に選抜され、次々と到着する同胞たちの死体処理の仕事に就いていた。ある日、ガス室で息子らしき少年を発見した彼は、直後に殺されてしまったその少年の弔いをしようとするが……。

シネマトゥディより

サウルの息子の感想

ハンガリーの新鋭監督ネメシュ・ラースローによる、カンヌ国際映画祭グランプリ、アカデミー賞外国語映画賞、ゴールデングローブ外国語映画賞など数々の賞を受賞した作品です。

いわゆる芸術路線の映画で、いろいろ考えさせられる工夫がしてあって、見ごたえは十分でした。ただ、感動や共感を呼ぶ種類の作品ではないですね。

カメラは一環して主人公のハンガリー人サウルを追っていきます。その追い方がかなり至近距離で、周囲で起こっていることはほとんど見えないようにピンをぼかしています。つまり視聴者もサウルの視界に入るものにしか見えず、3Dアクションゲームのような感覚で物語を追っていくことになります。

画面に何が飛び込んで来るのか分からないといった恐怖を出すのにあの演出はとても効果的で、先が全く読めないようになっています。一方でサウル一人だけの行動をカメラが追うため、サウルの行動に違和感を感じたら、相当イライラさせられるでしょう。

サウルの行動とは、ナチスの監視員が目を光らせている収容所で、少年の死体をユダヤ式に埋葬し、ラビ(お坊さん)のお祈りを捧げるというもので、そのためにサウルは自分の命はもちろんほかの囚人たちの命すらも危険にさらします。

サウルは、その少年を自分の息子だと言い張り、正式な弔いをすることに異常な執着を見せますが、サウルのその執着こそがこの映画の論点と見所になっています。

サウルは少年を自分の息子だと主張するものの、おそらく違うでしょう。だとすると、果たしてあの少年の存在は何を意味するのか、というのを考えさせられます。サウルはその昔自分の子供をちゃんと埋葬できなかったから、あの少年を通じて償おうとしたのか。あるいはあの少年を土に返すことで、ある種の希望を託していたのかななど、いろいろな考えができそうです。

”息子”の解釈や比喩はさておき、たとえそれがどんなものであろうと、サウルの行動はただの空気の読めない奴のエゴにしか僕の目には映りませんでした。

他人に迷惑かける奴に限って、大それたことを言ったり、考えたりするからむかつきます。神がどうとか言う前にまず人の命を犠牲にするのはやめろよなあって話なわけで、あんな奴は真っ先に他の囚人がリンチにするべきでしたね。火薬落としたとかありえないでしょ。

あそこまでリスクを背負って少年の死体を運び出したのなら、川で流されたぐらいで手放したらダメでしょ。最後は自分の命を優先するのかよ。

サウルのように実生活でも意味不明なことにものすごいこだわりを見せる人っていますよね。こだわることは大いに結構なんですが、集団行動の中でそれをやられるとたまったもんじゃないです。

昔、アメリカで友人グループとクラブに踊りに行ったら、そのクラブのドレスコードにキャップやハットなどの被りものが禁止というのがあって、入り口で止められたことがあります。一緒にいた女の子の一人がバンダナをしていて、それがダメだったそうなんです。

だったらバンダナぐらい取って入ればいいと思ったんですが、その子が頑なにそれを拒否するもんだから、結局はお目当てのクラブに入れず、その日は結局行くあてもなくなって、散々辺りをぶらぶらした結果、みんななんとなく意気消沈して解散する羽目になりました。

バンダナを巻くのは大いに結構です。ただ、あの状況で乱れた髪の毛を見せたくないのか何があってもそれを絶対に外さないという柔軟性のなさに腹が立ったのを今でも覚えています。ちなみに禿げてるとかそういう隠し事はありませんでした。

彼女にとってバンダナが何を意味するのかは分かりません。ただ、バンダナを外すときは死ぬときだ、みたいな女だったんです。サウルはどういうわけかそのバンダナ女の記憶を呼び覚ました。ああなんだかサウルが口に巻いているものまでバンダナに見えてた。

コメント

  1. まぁ より:

    この映画のテーマは人間らしさ。
    映画の評価は個人差があって同然として、
    「こだわることは大いに結構なんですが、集団行動の中でそれをやられるとたまったもんじゃないです。」
    この周りに迷惑をかけないという気持ちがアウシュビッツの被害者と加害者を作り上げた。
    だからこそ、その立場の象徴であるゾンダーコマンドが人間らしさを取り戻したという映画。だから、イライラして当然。
    個人的には思ったより警備ヌルヌルじゃん!でした。

    映画に関係ないですが、バンダナの子をおいてクラブに入れば良かったのに。自分だったら、そんなに楽しみなクラブだったら一人でも入っちゃったなーと思いまして。

  2. gatyo より:

    禿げ同。

    見ながらクソが!!!!
    おまえも武器持って戦えや!カスが!
    死者を大事にする変わりに
    まだ子供が生きてた時の行動どないやねん!!
    おまえらのその宗教観が全ての諸悪の元凶やないかい!

    と、最後まで、、

    なるほど、哲学、宗教って大事やな
    と思わされる映画でした。