Hな映画

50点台の映画

2重螺旋の恋人(原題L’AMANT DOUBLE)

映像が綺麗で、女優が美人で、ストーリーもそこそこスリルがあるけど、なにか物足りない大人の人間ドラマ。期待しすぎたらダメなやつです。50点(100点満点)
30点台の映画

過去に深いを闇を抱える精神的不安定な登場人物たちがただ壊れていくだけの人間ドラマ。会話は退屈で、芸術家ぶった演出が寒いです。31点(100点満点) 映画「光」のあらすじ 東京の離島・美浜島で暮らす中学生の信之はある夜、男に襲われ...
50点台の映画

彼女がその名を知らない鳥たち

演技、演出、キャスティングがよく、本気度が伺えるスリラーテイストの恋愛ドラマ。濡れ場あり、終盤にちょっとしたサプライズありでエンタメ度高めです。55点(100点満点)
FOD

不倫食堂

美味しそうな食べ物で釣り、美女のセックスで釘付けにする男向けちょいエロドラマ。15分程度で完結するお馬鹿シリーズです。
60点台の映画

裏切りの街

演技が自然で、脚本が上手くまとまっている不倫ドラマシリーズ。東京に住む男女のあるある裏切りエピソード万歳です。60点(100点満点)
FOD

VIRGINS~ハジメテに乱れる女たち~

ちょっぴりHで、大いに笑える、女性向けモキュメンタリードラマ。どこにでもいる素人の女の子とイケメン俳優たちによる少女マンガ的シチュエーション恋愛物語です。採点不能(100点満点)
30点台の映画

アンダー・ハー・マウス(原題BELOW HER MOUTH)

三流エロティックレズビアン映画。ストーリーが普通すぎて、セックスシーン以外は特に見所はないです。30点(100点満点)
ただ文句が言いたくなる映画

フィフティ・シェイズ・ダーカー(原題FIFTY SHADES DARKER)

「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」の続編であり、誰も得しないお馬鹿官能映画。ソフトSMとソフトセックスシーンだけが売りで、他には何にもない超駄作です。9点(100点満点)
ただ文句が言いたくなる映画

ホワイトリリー

若者と熟女によるレズビアン官能恋愛劇。ストーリー、脚本にリアリティーが全くなく、見る価値があるのは飛鳥凛のヌードシーンぐらいです。15点(100点満点)
70点台の映画

悪い女(原題THE SLUT/HA-NOTENET)

田舎の村に住むセックス依存症の女を描いたエロティックドラマ。素朴な登場人物、ほどよい演出、先の読めないストーリーがいいです。74点(100点満点)
映画ランキング

本番あり!エロい濡れ場&ベッドシーンを含む映画作品総まとめ

AVよりもエロティックな映画を見るほうが興奮する、という人のためになにかと話題になったセックスシーンを含む作品を紹介します。(随時更新)
40点台の映画

花芯

官能小説の映画化で、村川絵梨の和服姿とベッドシーンが見所。その一方で陰気臭く、不幸オーラ漂う、悲観的な映画です。45点(100点満点)
70点台の映画

牝猫たち

ロマンポルノの枠を超えた、普通の映画として見られる良質な群像劇。演技、ストーリーがしっかりしていて、セックスシーンに頼っていない完成度の高い映画です。70点(100点満点)
30点台の映画

白い闇の女(原題MANHATTAN NIGHT)

エロエロの未亡人をめぐる未解決事件の謎を追うサスペンススリラー。前半はそこそこ面白いものの、オチが物足りない作品です。39点(100点満点)
30点台の映画

風に濡れた女

若い男女が小さな田舎町で繰り広げるお馬鹿な性愛劇。コミカルな雰囲気のせいで、エロさがほとんど失われてしまっている日活ロマンポルノです。30点(100点満点)
40点台の映画

お嬢さん(原題The Handmaiden)

日本統治下時代を舞台に韓国人が微妙な日本語で演じるエロティックドラマ。レズのセックスシーンは見ごたえあるものの、俳優たちの日本語がつたなすぎてストーリーが全然頭に入ってこないのが残念です。42点(100点満点)
ただ文句が言いたくなる映画

ジムノペディに乱れる

日活製作による現代版ロマンポルノ。日本を代表する人気監督が同じ条件の下で撮影した官能映画の一本で、その出来にがっかりさせられること間違いなしです。27点(100点満点)
40点台の映画

好きでもないくせに

若者の男女が持つセックスに対する複雑な感情を描いた青春恋愛ドラマ。脚本は良く、筋書きやセリフはいいものの演技のレベルが低く、全体の質を落としている、もったいない作品です。44点(100点満点)
アマゾンプライムビデオ

アマゾンプライムビデオで見放題できるエロい映画まとめ

四六時中、あんなことやこんなことばかり考えてる男女のために今回は特別にアマゾンプライムビデオで見放題で楽しめるHな映画をご紹介いたします。きゃー恥ずかしい。 エロティックな映画を作るのは相当難しいんじゃないかと思います...
40点台の映画

官能の迷宮(原題L’HISTOIRE DE RICHARD O.)

エロくて不可解な典型的な芸術路線フランス映画。本番ありのセックスシーンは見ごたえ十分だけれど、それ以外は退屈で、ストーリーに意味を求める人は絶対に見てはいけない作品です。41点(100点満点)