日活ロマンポルノリブート

ただ文句が言いたくなる映画

ホワイトリリー

若者と熟女によるレズビアン官能恋愛劇。ストーリー、脚本にリアリティーが全くなく、見る価値があるのは飛鳥凛のヌードシーンぐらいです。15点(100点満点)
ただ文句が言いたくなる映画

アンチポルノ

映画の撮り方を忘れてしまった監督、園子温による全くエロくも、面白くもない、ロマンポルノ。芸術を狙いすぎて視聴者を無視した内容がひどいです。3点(100点満点)
70点台の映画

牝猫たち

ロマンポルノの枠を超えた、普通の映画として見られる良質な群像劇。演技、ストーリーがしっかりしていて、セックスシーンに頼っていない完成度の高い映画です。70点(100点満点)
30点台の映画

風に濡れた女

若い男女が小さな田舎町で繰り広げるお馬鹿な性愛劇。コミカルな雰囲気のせいで、エロさがほとんど失われてしまっている日活ロマンポルノです。30点(100点満点)
ただ文句が言いたくなる映画

ジムノペディに乱れる

日活製作による現代版ロマンポルノ。日本を代表する人気監督が同じ条件の下で撮影した官能映画の一本で、その出来にがっかりさせられること間違いなしです。27点(100点満点)