ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(原題THE HANGOVER)


5点(100点満点)

ストーリー

2日後に挙式を控えたダグ(ジャスティン・バーサ)は、バチェラーパーティーと呼ばれる結婚前夜祭をラスベガスで過ごすことにする。彼は親友のフィル(ブ ラッドリー・クーパー)やステュ(エド・ヘルムズ)らと共に一路ラスべガスへ。だが、翌日ホテルで目を覚ますとひどい二日酔いで、花婿になるはずのダグの 姿はどこにもなく……。

(シネマトゥディより)

文句
アメリカの最低ドタバタコメディー。久しぶりにシリアスなものから離れて、仕事のストレスを忘れさせてもらおうと見たら、笑えなすぎて逆にストレスが溜まった。俳優陣がさむさぶでなにやっても面白くない。ネタのレベル低すぎ。唯一ましだったのがマイクタイソンで、もういっそのこと演技素人の彼を主役にしたほうがよかった。

結婚前に遊びにいくとしたらラスベガスっていうアイデアもありきたりで嫌ですねえ。アメリカ人が製作したくせに、アメリカを知らない外人が思い浮かべるような安っぽい発想です。この脚本家は毎日、ハンバーガーしか食べてないですね、きっと。
だいたい結婚式直前に車で何時間もかけてラスベガスに遊びに行く奴ってなんなんでょうね。そんなにハメを外したいんだったら結婚なんてすんなって。当日になっても来るか来ないか分からないなんていういい加減な男と結婚する女が可哀想です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ただ文句が言いたくなる映画ハリウッド映画
映画批評ブログ、ただ文句が言いたくて | レビュー|ランキング

コメント

  1. Kai より:

    >だいたい結婚式直前に車で何時間もかけてラスベガスに遊びに行く奴ってなんなんでょうね。
    アメリカにはバチェラー・パーティという風習があるのをご存じないんですか?