ジャッジ 裁かれる判事(原題 THE JUDGE)

TheJudge2

判事の父親を弁護士の息子が弁護する裁判家族ドラマ。仲の悪い親子の愛憎の絆を描きつつ、サスペンスと恋愛の要素を注入した、そこそこのラインを行く作品で、映画館で見るには不適合、暇なときにDVDで見るにはまあまあいいかなという一本。42点(100点満点)

ジャッジ 裁かれる判事のあらすじ

金で動く辣腕(らつわん)弁護士として知られるハンク・パーマー(ロバート・ダウニー・Jr)は、絶縁状態の父ジョセフ(ロバート・デュヴァル)が殺人事件の容疑者として逮捕されたことを知る。判事として42年間も法廷で正義を貫き、世間からの信頼も厚い父が殺人を犯すはずがないと弁護を引き受けるハンクだったが、調査が進むにつれて疑わしい証拠が次々に浮上し……。

シネマトゥディより

ジャッジ 裁かれる判事の感想

主人公の敏腕弁護士ハンク・パーマー(ロバート・ダウニー・Jr)はある日、母親を失い、葬式のために実家に帰ります。そこには口の悪い父親と冴えない二人の兄弟がいて、久しぶりに会ってもうんざりするばかり。

やがて父親と口論になり、田舎町を離れようとすると、父親が人を轢いて逮捕されたことを知り、田舎町にとどまることに。最初こそ父親は息子に自分を弁護することを拒むものの、息子が弁護士に就いたことで裁判が次第に有利に運んでいく。ある事実を父親が告白するまでは、、、というのがあらすじです。

ビッグサプライズというほどではありませんが、 終盤になぜ父親が人を轢いたのかに対する、ちょっとしたオチがあります。ただ、それより監督は、息子と親父の親子のつながりを描くことに力を込めている感があって、さらに主人公のハンク・パーマーと地元の女との恋愛なんかを織り交ぜてきます。

家族愛も恋愛も描き方はかなり雑で、喧嘩してまたくっついてというのを繰り返すだけの手法です。特にいつもハリウッド映画を見ていて思うのは、都会から田舎町に男が行く物語では、いつもその田舎町にちょうどいい年齢の、ちょうど独身の美人でセクシーな女がいて、都会から来た男と恋仲になるという点で、あんなにいい女がいたら、地元の男が放っておかないだろうと思ってはリアリティーを感じられません。

もっといかにも肉付きのいい、田舎の疲れきった子持ちの女という風貌だったらまだいんですが、いつも洗練されすぎているのが嫌ですね。

この映画の一番面白い点は、ロバート・ダウニー・Jrが弁護士の役をやっていることに他ありません。日本ではあまり知られていないかもしれませんが、ロバート・ダウニー・Jrはマリファナやコカイン所持やらで何度も逮捕され、服役した経験もあるほどの男で、そんな男が映画で法律を語っている姿はちょっと笑えます。日本で言うところの田代まさしが弁護士役で映画に出るくらいのことです。

ただ、逮捕されようと、服役しようと、ロバート・ダウニー・Jrは俳優としての評価を落とさず、「アイアンマン」といったヒーローにまでなれてしまうことを考えると、アメリカ社会はすごいですね。

「お前がプライベートで何をしたかなんて知ったこっちゃない。いい演技をして、ヒットを飛ばしてくれればそれでいいんだ」というプロデューサーやスポンサー企業がいるということだから。

これが日本だったらこうは行かなかったはずです。裁判シーンの数々を見ていると、ロバート・ダウニー・Jrは日本に生まれてこなくて助かったな、としみじみ思える映画でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
40点台の映画ハリウッド映画
映画批評ブログ、ただ文句が言いたくて | レビュー|ランキング

コメント