ジェニファー・ローレンスのヌードが流出したことだし彼女の名作を振り返ろうか

jaee

ジェニファー・ローレンスがハッキングの被害に遭い、ヌード写真が流出したとして大騒ぎになってますね。以前にはスカーレット・ヨハンソンも同じ被害にあっていますが、まあこれだけ危険だと分かっていながら、どうしてわざわざ携帯でヌード写真なんて撮って記録に残こすような、流出するようなリスクを背負うのでしょうか。とにかく本人からしたら気が気ではない状況でしょう。

かなり過激な画像の数々が流出したようで、気の毒なのでこの機会にジェニファー・ローレンスの名誉挽回のためにも過去に出演した名作を振り返っていきましょう。

ジェニファー・ローレンス出演作ベスト5ランキング

5、アメリカンハッスル

4、今日、キミに会えたら

3、早熟のアイオワ

2、それでも、愛してる

1、あの日、欲望の大地で

あれ、ジェニファー・ローレンスなんて出てたっけ?なんてふうに思う作品もあるかと思います。特にあの日、欲望の大地でなんかはジェニファー・ローレンスのイメージが全くない名作という感じがしますね。こうやって振り返ると、ジェニファー・ローレンスは主演より脇役のほうがいい映画だったりする、というパターンのようなものも見えますね。彼女を全面に出している「世界にひとつのプレイブック」とか「ハンガーゲーム」とかひどいからね。

さて、今回の恥ずかしい写真流出事件が今後のジェニファー・ローレンスの役柄にどういった影響を与えるのかに注目です。これを機に開き直ってヌードでも、汚れ役でもじゃんじゃんやっていけばいいと思います。そういえばスカーレット・ヨハンソンが脱いだのも流出事件の後でした。あれで根性が据わったような印象もありますね。そうなったのときの女は強いからなあ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう