REDリターンズ (原題RED2)

red

6点(100点満点)

ストーリー

恋人サラ(メアリー=ルイーズ・パーカー)と一緒に生活し、諜報(ちょうほう)活動から縁遠い毎日を過ごしていた元CIAのフランク(ブルース・ウィリス)。しかし、かつての仲間マーヴィン(ジョン・マルコヴィッチ)が関わった小型核爆弾をめぐる冷戦時代の極秘計画が原因となったトラブルが持ち上がる。解決の手掛かりを追い求め、フランクはサラ、マーヴィンと共にヨーロッパへと足を運ぶが……。

シネマトゥディより

文句

豪華キャストと豪華ロケを無駄に使いまくった無駄だらけの超駄作。冷戦、ロシア、核爆弾といったいつものバカアメリカスパイ映画が使う素材を基に欧州中でカーチェイスと銃撃戦を繰り広げるだけの耳にうるさい映画。

ブルース・ウィリス、ジョン・マルコヴィッチ、アンソニー・ホプキンス、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、イ・ビョンホンといったキャストの良さをなにも引き出せぬままただ時間が過ぎていくのがもったいなく、さっきまで敵だった人が急に味方になったりといったお約束の展開が退屈で、爆発シーンといい、登場人物の描き方といい「ダイ・ハード」と「オーシャンズ11」を同時に見ているみたいな気分にさせられます。

映画ってこんなにいい加減で、幼稚でもいいんだな、とほかの監督が見たら急に自信が湧いてくるような映画ですね。こだわりとか、完成度とかとは無縁で、全シーンを撮り直しなどを一切せずに作ったらこういう映画ができそうです。一番うざかったのは、恋人サラと主人公フランク(ブルース・ウィリス)の中年カップルの甘ったるい会話で、あそこに色気も、美しさもないから、いい歳して人前でイチャイチャしている痛いカップルの話、というまとめ方しかできません。そのカップルに回りのいい歳した仲間たちがまた高校生のような恋のアドバイスをするのが笑えます。お婆ちゃんに近い女性から「男女関係はリスクを冒さないといけないのよ」とか言われてもねえ。経験はあるんだろうけど、データが古くて参考にできるかどうか疑わしいアドバイスばかりでしたね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ただ文句が言いたくなる映画ハリウッド映画
映画批評ブログ、ただ文句が言いたくて | レビュー|ランキング

コメント

  1. 匿名 より:

    映画は、多種多彩。こういう映画はこういう映画の存在価値があるのだよ。全ての映画を同じ価値基準で評価するは愚でしか無い。判ってませんね。

  2. アクション より:

    コメディアクション何だから、お約束で充分です。中年カップルについては、そういうのが好きな人はとことん好きなので、あなたの感覚に合わなかっただけです。
    映画を見て文句を言うにしても全力で理解しようとしないと本質を見抜けませんよ。
    あなたの好きな作品はともかく