2016/02/14

映画を愛する人たちの習慣を世界で初めてブログでやってみたい

SHARE-IT-

僕は誰かと知り合って少し話し込むと、必ずその人の好きな映画を聞いて、その映画を基にその人の感性、趣味、性格、思想などモロモロのことを想像してしまう、という面倒くさい癖を持っています。

「この映画がスキってことは相当な人間観察力を持つ手ごわい人だな」とか、「話すこともそうなら、好きな映画もやっぱりミーハーだな」とか頭の中で好き勝手なことを巡らせたりします。

もちろん好きな映画ひとつでその人の人間性が分かるかといったら分かるわけないです。でもなにかの指標にはなるんではないかと信じています。

アメリカに住んでいたとき、アメリカ人が最近見た映画や今まで見たオススメ映画について日常的に話すのを見てとても嬉しかった記憶があります。ああ、やっぱり映画の国なんだなあ、と。アメリカ人に限らず、映画を愛する人の中には他人と好きな映画を共有する習慣を持っている人がいるはずです。

自分の情報だけでたどりつく映画には限界があります。しかし人からこういう映画があるよ、と教えてもらうことで今まで自分が見向きもしなかったタイプの映画に出会えることがあります。

なにが言いたいかというと、読者の方々にぜひオススメ映画、あるいはこの映画の文句を言って欲しい、という映画を教えていただければ、とお願いしたいのです。新作でも旧作でも構いません。映画を愛する人たちの習慣をこのブログで実現できたらいいな、と思うのです。

このブログでも前に一度、いつもコメントをくださるmamarinさんのオススメで、「ドゥーニャとデイジー」という映画を紹介したことがあります。それをきっかけに普段見ることはないオランダ映画という新境地を開拓することができました。

ひとつご了承いただきたいのは、勧められた映画についても僕はやはり文句を言わざるを得ないということです。読者の方に勧められたからといって嘘の気持ちを書いてしまうとブログの趣旨から外れるからです。

それを理解してくださる大人の読者の方々、ぜひ好きな映画、あるいは文句を言ってもらいたいという映画をこのブログでシェアしてください。なお、僕はブラジル在住なので邦画ではなく、洋画にしてもらえるとありがたいです。また、他の読者の方々にも紹介できるように、日本で公開された、あるいは公開予定のある作品をよろしくお願いします。

映画をリクエストする

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう