動画配信サービス徹底比較!

面白い映画が見れるVODってどれ?

答えはこちら

エッセンシャル・キリングは先が読めない!感想とネタバレ

この記事は 約2 分で読めます。

不必要な説明やセリフを排除したサバイバルアクション。逃げたり、追いかけられたり、というよくあるシーンの連続にも関わらず緊張感があって面白いです。62点(100点満点)

エッセンシャル・キリングのあらすじ

アフガニスタンの荒野を一人さまよっていたムハンマド(ヴィンセント・ギャロ)は、アメリカ軍に捕らえられる。激しい尋問を受けた後、別の場所へ移送中に事故に遭い、その混乱に乗じて彼は逃げ出す。民間人を殺し、車を奪い、雪に閉ざされた深い森をやみくもに逃げ続けるムハンマドは、やがて森の中に一軒の家を見つける。

シネマトゥデイより

エッセンシャル・キリングの感想

イエジー・スコリモフスキ監督による独特の雰囲気をかもしたスリリングなアクションムービー。

サイレンスムービーといってもいいほど、セリフが少なく、ストーリーが明確でないだけに、現在位置や状況などをその都度自分の頭でじっくり考えながら理解していく味わいがありました。

女に助けられるあたりがこの映画のポイントだったと思います。あそこでいつものハリウッド映画なら必ず行きずりの男女がセックスをして、大して知りもしない男のことを女が必死で匿うという情熱的かつリアリティーゼロの筋書きに陥ってしまいがちです。しかしこの映画は意外と女の態度があっさりしていたのがよかったです。

ただ、もっというならば女が男を助けるというシーン事態リアリティーを追求したこの映画には不必要でしたね。死はドラマチックに描けば描くほど安っぽくなってしまうのが常です。

だいたい血だらけの男が玄関の前で倒れてたら自分の家に入れないでしょ。あれで逆にあの女に殺されるぐらいのオチだったら大歓迎なんですけど。

ものすごく優秀な兵士が最期は子供に殺されちゃうとかね。あっけない終わり方であればあるほど、案外人生を感じさせてくれるようなところがあって、あっけなく儚いからこそ余計に生命について考えさせられてしまう。残念ながらこの映画は考えさせられるところまではいきませんでした。

エッセンシャル・キリング [DVD]
ヴィンセント・ギャロ
¥ 2,750(2018/10/26 08:31時点)

コメント