2019年公開のがっかりさせられたワースト映画ランキング

この記事は 約5 分で読めます。

2019年には多くの良作映画が公開された一方でひどい映画も少なくありませんでした。そこでここでは特に期待外れでがっかりさせられた映画をワーストランキングにして取り上げていきます。

10、天気の子

新海誠監督による童貞恋愛物語。「君の名は。」の大ヒットによって大いに期待したい視聴者も多かったでしょうが、ふたを開けてみたら大してプロットも演出も変わっていませんでした。

たかだか高校生の男女が地球を救うとか、救わないとかのスケールの大きなことを言うのが嫌いです。

褒める点はRADWINPSの音楽ぐらいで、ほかはボロボロでした。

>>天気の子のレビューを読む

9、ミスター・ガラス

M・ナイト・シャマラン監督による「アンブレイカブル」と「スプリット」に続く三部作の最終章。

シリーズもののくせにそれぞれの作品の劇場公開の期間が空きすぎなのと、ストーリーが大してつながっていないのがダメです。

三作品とも作風が全然違うし、とても同じ監督が作ったと思えないほど、統一感がないです。

それも最後はスーパーヒーロー映画に成り下がる始末で、笑うしかなかったです。

>>ミスター・ガラスのレビューを読む

8、ジョンウィック・パラベラム

チャド・スタエルスキ監督による「ジョン・ウィック」、「ジョン・ウィック:チャプター2」に続く、シリーズ第三弾。

キアヌ・リーヴスの大ファンじゃないと、アクションシーンにおける彼の動きの鈍さを決して寛容的に見守ることのできない映画。キアヌの動きに合わせて手拍子しながら見るといいです。

ストーリーは皆無で、マフィア同士の掟は馬鹿げていて、設定は漫画レベルです。登場人物は極悪の人殺したちなのにルールには変に真面目に従うっていうのが爆笑です。

>>ジョンウィック・パラベラムのレビューを読む

7、ドクタースリープ

シャイニング」の続編として公開された、前作とはなんの関係もないダークファンタジーホラー。中身はただのヒーロー映画で、「シャイニング」がいつの間にか魔法みたいな扱いになっていて、ハリーポッターを見ているのかと錯覚してしまう作品です。

キャラはしょぼいし、ストーリーは眠くなるし、お願いだからこれを「正当な続編」とか言わないでもらいたいです。

>>ドクタースリープのレビューを読む

6、メリー・ポピンズ・リターンズ

ロブ・マーシャルが監督した1964年公開の人気ミュージカルの続編。ミュージカル映画なのに肝心な歌と踊りがダサダサで、物語はグダグダです。

肝心の脚本がしっかりしていないのでまともに見れるようにできておらず、登場人物の喋り方は気に障るし、終始うるさいだけの映画でした。映画館では眠いし、だるいし、つまらないしで地獄でした。

>>メリー・ポピンズ・リターンズ

5、アクアマン

アナベル 死霊人形の誕生」、「死霊館エンフィールド事件」、「ソウ」などで知られるジェームズ・ワン監督による、信じられない低レベルなCGに頼ったDCコミックのヒーロー映画。

演技は下手だし、ストーリーは幼稚だし、実写とCGのバランスが悪すぎで、終始ごちゃごちゃの海中アクションを見せられる目に悪い作品です。これを見たせいで視力が落ちた気がするんだけど、気のせいでしょうか。

>>アクアマンのレビューを読む

4、キャプテン・マーベル

ライアン・フレックとアンナ・ボーデンが共同監督して作ったSFアクションドラマ。

アベンジャーズ・エンドゲーム」のつなぎでしかなく、また最近映画界で流行している強い女性を全面にアピールした、フェミニストゴリ押し映画です。

主役のブリー・ラーソンがそもそもアクションに向いてないし、全然強い感じが出ていないのが残念で、マーベルコミックオタクじゃないと見ちゃダメなやつです。

>>キャプテン・マーベルのレビューを読む

3、キングダム

佐藤信介監督による大人気漫画の実写版。とにかく全体のレベルが低すぎて、人様に映画館でお見せできるような代物じゃないです。

こんなスケールの大きな話を限られた製作費とスキルのないキャストで映画化したらどうなるのか想像に難しくないのに、想像力が欠けているから作っちゃいました的な映画ですね。

出演者の演技が全滅なのはもちろんのこと衣装、メイク、大道具といった裏方の仕事のレベルまで低いのが特徴です。

>>キングダムのレビューを読む

2、翔んで埼玉

武内英樹監督による、埼玉県をいじり倒したギャグムービー。田舎蔑視と都会への憧れの価値観を基に描かれた差別偏見の塊のような作品で、最初の数分は付き合えるけど、その後はすぐに飽きてくるゴミ映画です。

この映画によって得るものは一つもなく、その代わり時間とお金を失うこと間違いなしです。

>>翔んで埼玉のレビューを読む

1、ハリウッド大作戦

なぜか大ヒットした「カメラを止めるな!」のスピンオフ映画。一度ヒットしたからといって同じパターンで作ったせいで大いに滑った作品です。

よりによってまたゾンビ映画っていうのがいただけないですね。前作で大成功を収めておいて、これだけファンがスーッと消えていった映画も珍しいんじゃないかなぁ。

>>ハリウッド大作戦のレビューを読む

コメント

  1. かんた より:

    セカイ系とか嫌いそうw
    やってる事がこすい
    一番の害悪はコメントで貶す事を手放しにかっこいいって言っちゃう人達だけどね
    ちなみにランキングには概ね同意です