クローバーフィールド(原題 Cloverfield)

15点(100点満点)

ストーリー
ある晩、日本への転勤が決まったロブの送別パーティーが開かれた。大勢の人が集まり、パーティーは大いに盛り上がるが、途中突然大きな地震が起こる。パニックになったログは友人たちと一緒にマンハッタンから逃げ出そうと試みるが・・・・。

文句
監督、スタッフ、出演者の全てがB級。オリジナリティー、リアリティーはゼロ。パニック映画なのに怖くもなんともない。あまりにも俳優の演技が下手すぎて笑ってしまうほど。だいいちハンディカメラで撮影したという設定が最悪。以前にもそんな映画はいくつもあったが、今更パクッたアイデアで映画を作って面白いはずがない。あれだけ混乱した状況下でビデオを回し続けることができるのは、戦場カメラマンぐらいである。なのに最後までカメラから決して手を離さず、親切に実況中継までしている登場人物はお笑いでしかない。こんなくだらない映画が日本に来るために、他のすばらしい映画が配給会社に買われずにそのままお蔵入りすることを考えると、なんだろうなあと思う。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ただ文句が言いたくなる映画ハリウッド映画
映画批評ブログ、ただ文句が言いたくて | レビュー|ランキング

コメント

  1. ソム より:

    いやー酷い。酷いですねこの映画。
    本当におっしゃる通り。何したいのコイツって終始思ってました。
    こんな状況でビデオ取り続けてるヤツがいたら僕なら殴り飛ばしますね、間違いなく。
    P.S 『スタンド・バイ・ミー』のレビューをお願いします。