auビデオパスの評判と口コミレビュー

また新たなVOD(ビデオオンデマンド)のサービスが誕生したのでご紹介します。その名も「auビデオパス」。一体どんなサービスなんでしょうか。

auビデオパスとは?

ご存知携帯電話のauが運営する動画配信サービスです。月額なんとたったの562円(税抜き)で映画、ドラマ、アニメが見放題できる、新しいVOD(ビデオオンデマンド)です。

ビデオパスの特徴はこちら

  • 月額562円(税抜き)で対象の作品が見放題できる
  • 最新映画が毎月1本追加料金なしで視聴できる
  • 映画館TOHO CINEMA&UNITED CINEMAS CINEPLEXの料金が割引になる

月額562円(税抜き)で対象の作品が見放題

最近の動画配信サービスはどんどん低価格化の傾向にありますね。アマゾンプライムは年間3900円だから月にすると、325円。dTVは500円だし、このビデオパスも562円。安さだけで言えば、これら3つのサービスが今一番安いんじゃないでしょうか。

最新映画が毎月1本追加料金なしで視聴できる

動画配信サービスによっては見放題作品とペイパービュー作品の両方を扱っているものがあります。U-nextもdTVもそうですが、このビデオパスも同じです。

でも実際に見たい作品は見放題作品じゃなくて、最新映画だったりするんですよね。そんな要望に応えてビデオパスの場合はそ毎月1本は有料作品を無料にしています。たとえ二本目から有料でも一本数百円で見られるので、DVDをレンタルすると思えば損はないでしょう。

映画館TOHO CINEMAS&UNITED CINEMAS CINEPLEXの料金が割引になる

ビデオパスの最大のメリットは間違いなくこれです。高すぎる映画館の料金を大幅に割引にしてくれます。TOHO CINEMASは毎週月曜日、UNITED CINEMAS CINEPLEXは期間限定で鑑賞料金が格安になります。1800円は払いたくないけど、1100円で見れるならなら映画館で見たい、という人も少なくないでしょう。

ビデオパスで視聴できる作品は?

さて、値段や特典は分かりましたが、一番重要なのはやはりコンテンツですね。実際利用したくなるかどうかは、どんな作品を扱っているのかにかかってきます。

洋画の一覧を見たところ、こんな作品がリストアップされました。全体的に数本の最新作と、大部分が数年前の話題作といった感じです。

邦画の一覧はこんな感じです。

今話題の新海誠監督の作品も揃っていますね。あと、テレビ朝日、日本テレビ、TBS、テレビ東京などのドラマも配信しています。

見た感じ、洋画のラインアップはやや弱いです。一方で映画館の割引も含め、邦画、ドラマ、アニメ目当てで利用するなら、元は十分に取れそうです。いずれにしろ30日間無料体験ができるので、興味のある方はぜひ試してみてください。

>>auビデオパスの詳細を読む

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう