動画配信サービス徹底比較!

面白い映画が見れるVODってどれ?

答えはこちら

auビデオパスの評判と口コミレビュー

この記事は 約6 分で読めます。

また新たなVOD(ビデオオンデマンド)のサービスが誕生したのでご紹介します。その名も「auビデオパス」。一体どんなサービスなんでしょうか。

auビデオパスとは?

ご存知携帯電話のauが運営する動画配信サービスです。月額なんとたったの562円(税抜き)で映画、ドラマ、アニメが見放題できる、新しいVOD(ビデオオンデマンド)です。

ビデオパスの特徴はこちら

  • 月額562円(税抜き)で対象の作品が見放題できる
  • 最新映画が毎月1本追加料金なしで視聴できる
  • 映画館TOHO CINEMA&UNITED CINEMAS CINEPLEXの料金が割引になる
  • au契約者以外でも使える

これまでビデオパスを使うにはau IDが必要だったんですが、現在ではau契約者以外でも使えるようになりました。これによりさらなるユーザーの獲得が期待されそうです。

auビデオパスって実際はいくらかかるの?

最近の動画配信サービスはどんどん低価格化の傾向にありますね。アマゾンプライムは月額400円。dTVは500円。そしてこのビデオパスも562円です。安さだけで言えば、これら3つのサービスが今一番安いんじゃないでしょうか。

関連記事 動画配信サービス徹底比較はこちら

しかしもちろんこれは見放題作品のみを利用する場合の料金です。実際のところビデオパスの見放題作品は都度課金作品と比べると、はるかに少ないのであまり期待しないほうがいいです。

一方、都度課金作品はこんな価格帯になっています。

  • 一週間フレンズ 400円(税抜き)
  • アイスと雨音 500円(税抜き)
  • 私の奴隷になりなさい第三章 1204円(税抜き)

(値段は変わる可能性があります)

auビデオパスは最新映画が毎月1本追加料金なしで視聴できる

ビデオパスでは見放題作品と都度作品があることは前述しましたが、実際に見たい作品は見放題作品じゃなくて、最新映画だったりしますよね。そんな要望に応えてビデオパスでは毎月1本最新の都度課金作品を無料にしています。

これだけでも月額料金のもとは取れるんじゃないでしょうか。また、二本目からは通常通り有料になりますが、一本数百円で見られるのでDVDをレンタルすると思えば損はないでしょう。

auビデオパスは映画館TOHO CINEMAS&UNITED CINEMAS CINEPLEXの料金が割引になる

ビデオパスの最大のメリットは間違いなくこれです。高すぎる映画館の料金を大幅に割引にしてくれます。TOHO CINEMASは毎週月曜日、UNITED CINEMAS CINEPLEXは期間限定で鑑賞料金が格安になります。1800円は払いたくないけど、1100円で見れるならなら映画館で見たい、という人も少なくないでしょう。

関連記事映画を割引で見る方法は?クレジットカードとその他の裏技を紹介!

auビデオパスで視聴できる作品は?

さて、値段や特典は分かりましたが、一番重要なのはやはりコンテンツですね。実際利用したくなるかどうかは、どんな作品を扱っているのかにかかってきます。

洋画の一覧を見たところ、こんな作品がリストアップされました。全体的に数本の最新作と、大部分が数年前の話題作といった感じです。

邦画の一覧はこんな感じです。

今話題の新海誠監督の作品も揃っていますね。あと、テレビ朝日、日本テレビ、TBS、テレビ東京などのドラマも配信しています。

正直、洋画、邦画のラインアップは弱いです。新作は少なく、ほとんどの作品が一昔前の旧作ですね。

一方でTVドラマは見逃し配信のシリーズがいくつかあるほか、数年前のシリーズが一気に見れるようになっています。

あと、なにげに充実しているのはアンパンマンや仮面ライダーといったキッズむけの作品です。

auビデオパスの口コミ

ではユーザーはauビデオパスについてどんな感想を残しているのか紹介します。ユーザーは主に映画やドラマを見ているようです。

auビデオパスのまとめ

正直なところ扱っている作品はあまりクオリティーは高くないです。それでも映画館の割引も含め、国内ドラマやアニメ目当てで利用するなら、まだいいかもしれません。いずれにしろ30日間無料体験ができるので、興味のある方は試してみてください。

ビデオパスの公式サイトはこちら

コメント