【第7章】映画ブログでまとめ記事を書く5つの方法

dates-1021055_640

映画ブログといってもなにもレビュー記事だけ書いていればいいとわけではありません。実はじんわりと安定したアクセスを集めてくれるのはまとめ記事だったりします。そこで今回は映画ブログにおけるまとめ記事の書き方を紹介します。

映画のレビュー記事は、劇場公開前後にたくさんのアクセスを集めますが、時期が過ぎるとめっきり読まれなくなる、という性質を持っています。

一方でまとめ記事は、短期間に爆発的なアクセスを集めることはないものの、上位表示されれば毎日安定したアクセスをもたらしてくれます。ちなみに僕のブログでは‘Huluのまとめ記事だけで毎日100PV以上は集めてくれます。つまりこういう記事を10個書くだけで、1日のアクセスが1000PV増えるということです。

Hulu(フールー)で映画を見ている人、これから見ようとしている人向けに、数ある映画の中からHuluで視聴可能なおすすめの作品をランキング形式にして紹介したいと思います。

では実際にどんなふうに映画記事をまとめたらいいのか説明していきます。

1、ランキング記事を書く

日本人はランキングが大好きなので、なんでもかんでもランキングにするだけで、人の目に留まりやすくなる傾向があります。各年度のおすすめ映画ランキング、洋画ランキング、邦画ランキング、アニメ映画ランキング、つまらない映画ランキングなど、なんでも順位を付けることで自分の趣味、思考を反映しつつ作品を紹介することができます。

イメージとしてはこんな感じです。この記事も安定したアクセスを毎日集めてくれています。

これまでたくさんの映画を見てきましたが、その中でも最近見た邦画をランキングにして紹介したいと思います。邦画といっても黒澤明、小津安二郎といった旧作はあえてスルーして、割と新

2、ジャンルでまとめる

ランキング記事をやりつくしたら、次はジャンルでまとめてみましょう。人には必ず好きなジャンルというものが存在します。そんな読者に対しおすすめホラー映画10選、ディズニーアニメトップ20、迫力満点のアクション映画一覧、などピンポイントで好みのジャンルの作品を紹介してあげましょう。

一見、ランキングと似ているようですが、順位を付ける必要がないだけ作業的に大分楽です。こちらの記事ではあらゆるジャンルの映画をベスト3ランキングで紹介しました。いわば「1」、「2」のミックスです。ただし、一つのジャンルに特化していないだけに反応は薄く、あまりアクセスはありません。悪い一例としてご覧ください。

読者のカイさんのリクエストで、これまで見てきた映画の中で、僕の好きな映画をランキングにしてほしいといった要望をいただきましたので、紹介したいと思います。 映画

3、俳優の出演作品をまとめる

特定の俳優が好きで、その人の出演作品ばかり見ているというファンも存在します。そんな人のために人気俳優のまとめ記事を書いてあげましょう。

僕もレオナルド・ディカプリオがアカデミー賞を受賞したのをきっかけにこんな記事を書いてみました。ランキング要素も入れているので「1」、「3」をミックスしたまとめ記事になります。

2016年度のアカデミー賞の結果が発表され、ついにレオナルド・ディカプリオが念願の主演男優賞に輝きました。そこでこれを記念して彼が出演しているおすすめの映画をランキングにし

4、監督の作品をまとめる

本物の映画好きは、監督で作品を選びます。一つの作品が気に入ったら、その監督の過去の作品をさかのぼり、すべて見ていくというのが映画ファンの流儀です。

しかし監督によっては10本も20本も映画を撮っているため、その全ての映画を見るのは大変です。そこでその中でどれが面白いのかを提案してあげることで読者はかなり助かります。

そういえば僕はまだ監督のまとめ記事を一つも書いていないことに気づきました。これから書いていかないといけませんね。気づいてよかったです。

5、テーマでまとめる

自分で考えた一つのテーマを基にまとめてみるのも面白いです。テーマとは例えば「高校生が見るべき学園ドラマまとめ」とかそんな感じのターゲットをより絞ったまとめ記事のことです。

こちらの記事は「風をひいた人」向けに書いた記事ですが、あまりにもニッチすぎて、反応はいまいちでした。でもイメージとしてはこんな感じでいいと思います。

風邪をひいた時、病気になったときはある意味映画を見る大チャンスです。どうせ仕事にも行けず、家で寝込んでるぐらいなら、その時間で名作を何本も見てしまいましょう。見るべき映画は

小説や原作を基にした面白い映画をまとめたこの記事もテーマのまとめ記事といえます。これは反応も良かったです。

最近は小説や漫画などの原作を基にした映画作品が増えていて、その多くが駄作です。しかしそんな中にも比較的楽しく見られる、いい作品も埋もれています。そこで小説やノンフィクション

まとめ

ここで挙げたどんなまとめ記事を書くにしても、重要となってくるのはすでにブログ内で紹介した映画をまとめ記事内に含めることです。そうすることで読者が、まとめ記事>レビュー記事>まとめ記事>レビュー記事というふうにグルグルと複数の記事を回し読みしてくれるのでPV数がアップします。

また、どのまとめ記事を書くにしても、実際に自分で見た映画を紹介するのが理想ですね。ブログによっては見ていない作品を紹介しているブログも多々ありますが、そういうブログはただ

あらすじを説明しているだけなので説得力は薄くなります。

見ていない映画を紹介してもいいのは俳優の出演作品ぐらいでしょうか。「この俳優はこういう作品にも出ていますよ」程度の記事なら、それでも別に問題はないかもしれませんがランキング記事でやってしまうのはつまらない作品を紹介してしまうリスクがあるので絶対にNGです。

言ってみればこの記事も「まとめ記事を書く方法」というまとめ記事になりますね。このようになんでもまとめちゃえば誰かしら読んでくれるだろうという甘い考えであっても、なによりとにかく書いてみることが一番です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう