2016/03/30

【第1章】映画好きならブログやろう!あなたの批評が日本映画界を救う

blogging-336375_640

2016年1月にこのブログのアクセス数がすごいことになり、月間PV(閲覧数)が40万にあともうちょっとで手が届くところまで行きました。この1ヶ月の間に訪問してくれた人数は18万人以上です。ありがとうございました。

さて、この感動をぜひともみなさんにも味わってもらいたいと思い、今日は提案があります。それは「映画が好きならあなたも映画ブログやろうぜぃ」というものです。

あなたが映画ブログを始めるべき5つの理由

1、人生の記録になるから

もし映画を定期的に見る習慣のある人は、どれだけ多くの映画を見たとしてもただ見て終わり、という映画人生を送っているはずです。それも決して悪くはありませんが、自分の見た映画の感動や思いをたくさんの人たちとシェアできるとしたら、映画人生がより豊かになりませんか?

普通だと「あの映画面白かったなあ」、「クソつまんなかったなあ」といった感想を共有するとしても、せいぜい友達や家族ぐらいだと思います。でもブログを書くことでその声が日本中、いや世界中に広がるのです。

僕は7年以上前にこの「ただ文句が言いたくて」を始めましたが、最初は「ブラジルブログ」と呼ばれる超マイナーなブログサービスを使って細々とやっていました。当時から読んでくれているのは、今でもときどきコメントをくれる読者のmamarinさんと僕の友達ぐらいじゃないでしょうか。ほかにもいたらコメントください、嬉しくて泣くかもしれません。

当時は1日10人も見てくれればいいほうでした。それがまさか約40万PVにもなるとは思ってもみませんでした。当時の記事も全て今のブログに移してあるんですが、ときどきふと大昔の自分のブログ記事を振り返ってみると、懐かしいやら恥ずかしいやら、様々な感情が沸き起こります。他人にはタダのたわ言に過ぎないでしょうが、自分にとっては自分の無知も、愚かさも含めて一つの記録になっています。

2、読者がいい映画に出会うきっかけを作れて、ひどい映画を見ずにすむから

いい映画はいい、つまらない映画はつまらないとあなたが叫ぶことで読者たちの行動にも少なからず影響を与えられます。いつもアホみたいなことしか書いてない僕のブログですら映画を見るときの物差しにしてくれている読者がいます。

日本にはプロの映画批評家を名乗っている人は大勢いますが、心の底から本音で喋っている人はほとんどいません。いつだって礼儀と理性と秩序を保ちながら発言しているので、彼らの声は心に響きません。おそらく本音を言ってしまうことで敵を作り、仕事が減るのを恐れているのでしょう。

だからこそプロよりも、なんのしがらみのない一般視聴者の本音を聞きたがっている読者がたくさんいるのです。雑誌やTVの映画特集よりも、そっちのほうがよっぽどリアリティーがあるのです。

3、日本の視聴者のレベルが上がるから

日本の映画視聴者のレベルはお世辞にも高いとはいえません。それは映画の興行成績を見れば一目瞭然です。「日本映画(邦画)が面白くないのは岡田准一が主役だから」でもいいましたが、いつも子供向けアニメや救いようのない邦画なんかが上位を占めています。

もしかしたら頭のいい人は日本では映画なんか見に行かないのかもしれません。このままだと「映画」=馬鹿が見る代物、という偏見が日本社会では浸透してしまうかもしれませんよ。「お願いだから人前では映画が好きなんてこと言わないでちょうだいね」なんてことをいい出すお母さんたちが急増していく状況が目に浮かぶようです。

そうならないためにも、面白い映画はなにがどう面白いのか、つまらない映画はなにがどうつまらないのかをブログで伝えましょう。そういう人が増えれば、いつかきっと日本の視聴者の映画を見る目が変わってくるはずです。

4、邦画のレベルが上がるから

視聴者の映画を見る目が変われば、自ずと邦画のレベルも上がるはずです。バイト感覚の監督と、とりあえずキャスティングされた有名タレントばかりが出演しているくだらない映画より、しっかりとしたオーディションを勝ち抜いた実力派の俳優たちと、自分で本当に描きたいものを撮っている監督がメガホンをとった映画が評価されるようになれば、間違いなくつまらない邦画は減るでしょう。

邦画全体のレベルが底上げされれば、もっといい映画に出会える可能性が高くなり、結局は映画ファンがハッピーになれるはずです。

5、お小遣いが稼げるから

おそらくお金持ちにはなれないとは思いますが、やり方次第でお小遣いぐらいは稼げます。好き勝手なことを書いてお金がもらえるなんて最高です。

映画大国アメリカではおそらく映画ブログだけで生活しているプロブロガーもいるはずです。日本ではまだいないんじゃないでしょうか。ゲームのプレー動画をユーチューブに公開して、生活しているユーチューバーがいるぐらいなんだから、いてもいいんですけどね。

映画を毎日見てブログに批評を書いて1億円稼いでいる、とかいう人がいたら夢があるんですけどねえ。もしかしたらあなたがその第一号になる可能性はなきにしもあらずです。

まとめ

もし映画ブログやってますという人がいたらURLと共にコメントください。これからやってみたいけど迷っているという人もコメントください。あと、このブログにネガティブコメントくれる人たちも、自分でブログやったらいいじゃないですか。そんなに強い意見を持っているならブログで表現するべきです。僕に文句言ってる場合じゃないですよ。なんでもいいから、今日からみんな映画ブログ始めましょう。