動画配信サービス徹底比較!

面白い映画が見れるVODってどれ?

答えはこちら

こんな読者は俺のブログにはいらねえと思う読者ランキング

この記事は 約6 分で読めます。

out

しばらく忘れてたんですが、8月13日を持ちましてこのブログが開設から7周年を迎えました。そこで今日はこれで読者がゼロになってもいい覚悟で、初めて文句の矛先を読者に向けたいと思います。名づけて「こんな読者は俺のブログにはいらねえと思う読者ランキング」です。

普段から記念日には無頓着なので、7周年を迎えたことには1ヶ月以上も気づきませんでした。いつもなら恒例の「ここ1年で最もアクセスが多かった人気文句ランキング」を紹介しているところなんですが、今年はやりません。もしやって欲しいという人がいたら、コメントください。別の機会にまたやります。

毎回、同じことやるのもなんなんで、この機会に今回は前々からバシっと言いたかったんだよなあ、ということをもうぶちまけてやろうと思います。

こんな読者は俺のブログにはいらねえと思う読者トップ5ランキング

5、リクエストに応じたのに何も言ってこない読者

おそらくこのブログに限らず、他のブログでもこういう人は多いはずです。ブログ運営者にコンタクトを取り、質問やら、なにかしらの要求をしたのに答えだけをもらって知らん顔する恥知らず。そういう愚か者に一言いいたい。

ネットだからって、顔が見えないからって、人としての当たり前のことを忘れんじゃねえぞ! 感謝だよ、感謝。コミュニケーションだよ、コミュニケーション、そんなこといちいち言わせんなよ。

「ありがとう」の一言で全て解決するのに、それをしないってお前正気か! 「そうかこの映画の文句を言ってもらいたいのかあ、それじゃあ思いっきり文句言っちゃうからなあ」とか気合入れて書いてるこっちが恥ずかしいだろうが。

「まさか映画男って自作自演で、読者からリクエストを受けましたとか書いてるんじゃないのぅ」とか思われるだろうが。どうしてくれるんだよ。

4、記事の訂正を要求してくる読者

いるいる、こういう人。「~の部分が間違ってるので訂正してください」とか言ってくる奴。っていうかなんでお前の「正しい」ことを俺のブログで書かないといけないわけ?

そんなの知らねええよ。俺の考えが間違ってて、お前の考えが正しいなら、お前のブログで書けよ。そしてその反論記事のURLを俺のブログに送ってこい。いいか、ブログは正論を述べるところじゃないんだぞ。特に俺は正論なんて一回も言ったことないぞ。

3、正義感に溢れる読者

アメリカか、お前は。

イルカ漁に反対か。

難民大歓迎か。

その正義感を俺のブログにぶつけるんじゃなくて、電車の中で老人を立たせて、そ知らぬ顔で優先席に座ってる女子高生にぶつけて来い。行列のあるラーメン屋の店内で、長話してるおっさんたちに水かけて来い。日本の国費を使って日本に留学したのに、自分の国に帰ったら散々日本の悪口を言う外人たちを殴って来い。

2、コミュニケーションがまともに取れない読者

実際にあったコメント例、映画「インサイド・ヘッド」の文句より

読者のコメント

はじめまして、たまたま見つけたので一つコメントさせてください。
ビビリやムカムカの影が薄いという意見ですが、元々この二つは動物として生存に必要な為の知能ですから、分別のつく年頃のライリーにはむしろ影が薄いものなのではないでしょうか。

産まれたてのライリーや動物だったら、むしろ彼らの独断場だったでしょうが。逆にヨロコビやカナシミこそ、生存が約束された高度な知能を持つ動物ならではの感情ですから、人間としての成長を描く本作では際立つべきものなのでしょうね。

映画男の返信

コメントありがとうございます。僕は人間が生存が約束された高度な知能を持つ動物だとは思っていません。日本のように平和な国ならビビリやムカムカが影を薄くなっても、アメリカのような危険の国では常に敏感になっていてもおかしくないと思います。

実際僕も危険なブラジルに住んでいるので、常にビビッてる緊張感があって、それが生存の助けになってると自分では感じています。大人でもそれだけのストレスがあるんだから、子供なら危険やトラブルに対する恐怖(ビビリ)やストレス(ムカムカ)はそれ以上じゃないでしょうか。

それに対する読者のコメント

あ、あくまで映画(しかもディズニー)の世界のはなしですからっ。。。!
本当のアメリカだったら、あんな薄暗い路地裏を小さい女の子一人、なんてありえませんっ!

あくまでも「映画の世界のはなしですから」って、最初にマジでコメントしてきたのはお前だろうが!! それにちゃんと答えが俺がバカにみたいになってんじゃん。ずるーい。ずるーい。自分で仕掛けたらちゃんと最後までノッテこいよ、それがコミュニケーションのマナーだろうが。

実際にあったコメント例2 「ソウル・サーファー」より

健常者以上に活躍してる姿に心打たれます。私の友達も、左手首がありません。スポーツジムのスタッフなのですが、左上体の筋トレ方法を模索しています。何か良い筋トレ方法があれば、ご教授お願いします。

筋トレの方法って自由すぎるだろ質問が! 一体誰と話しているつもりなんだ? ジムのトレーナーじゃないよ、俺は。

実際にあったコメント例3 「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」より

ここ30年 (特に日本映画については)劇場に足を運んでいない!理由は簡単 題材が ゛裸 ゛か ゛暴力 ゛に偏っているから…でなかったとしても他は主演タレント(私はああいうのをそう簡単に男優 女優なんて呼ばん)がジャニーズ(事務所)系ばかりだから…また洋画にしても 裸が売り?のは観ない! 話題?のフィフティシェイズオブグレイに群がる(世の 女性ではない)オンナも ああいう事に憧れているから観たいんだろうね?

アレ(フィフ…)なんてのも所詮は AV(アダルトセックス映像)となんら変わらない…..世の中がそういうトンチンカンな基準である間は私が劇場に足を運ぶ事は無いだろうな…それら偏った題材の映画?(映像)がテレビ放送されても観ない! 時間の無駄 だから…まあ(還暦過ぎの)残り少ない半生だからこのまま 劇場に足を運ばなくても済みそうだね

独り言かい! 全部自分の話かい!

まだまだこんなコメントがたくさんあるので、ぜひ映画の文句を読むときはコメントも一緒に読んでみてください。

1、ユーモアのない読者

なにより一番残念な読者、それが冗談が通じない読者です。それはおそらく日本社会の責任もあるでしょう。普段からずっと緊張しっぱなしで、緩和させる方法を忘れてしまったのかもしれません。

ではそんな真面目な人たちにもう一度言いましょう。俺は一度として「マジ」で文句を言ったことなんてないぞ。これからも言うつもりもないぞ。いつも口元をだらしなくして、半笑いで書いてるんだぞ。

だって生まれつきのバカなんだから。このブログはバカがバカなことを書くブログなんだっての。読むときはどうかお願いだから外してくれよ、その「真剣」と言う名のネクタイを。

っていうか、このブログの平均「いいね」数知ってる? 1だよ、1、、それも俺が自分で「いいね」してるんだぞ。

アクセスは毎日安定して1万以上あるのに、「いいね」する人が俺一人って、これが意味することはすなわち「こんなブログを『いいね』したら、私の良識を疑われちゃうからやめておこう」ってことなんだよ。最高じゃん、そんなの。ユーモアなしで7年もやってられっかつーの。

コメント

  1. メイプル より:

    読者です。映画男さんの記事いつも楽しく拝見しています。
    7年間、変わらぬクオリティの文章を書き続けるのは簡単なことではないです。
    これからも楽しみにしています!

    …しかし今回ほど本題を開いて読むのに勇気のいるタイトルはありませんでしたー。

    • 映画男 より:

      メイプルさん

      7年間、低いクオリティーを保ち続けております。これからもこの低レベルにお付き合いください。

  2. せぷ より:

    まずはブログ開設七周年、おめでとうございます。
    このブログはお気に入りの一つで、(ほぼ)毎日覗かせてもらっています。
    すべての記事に賛同するというわけではありませんが、駄作をぶった切る爽快感は無双ですね。
    この記事については完全に同意します。
    閑古鳥が鳴いている自分のブログにもたまに論戦を仕掛けてくる人がいるのですが、名前は名乗らないわ、最初から喧嘩腰だわ、マナーを弁えない輩が多いです。
    論戦を仕掛けるのもいいし、間違いを訂正してくれるのもありがたいですが、最低限の礼儀は守れよ、って言いたくなります。

    せっかくですから、リクエストを一つしてもよろしいでしょうか?
    映画男さんはホラー映画はご覧になりますか?
    賛否両論激しいフレンチホラーの『マーターズ』の文句を伺いたいです。
    是非よろしくお願いします。

    • 映画男 より:

      せぷさん

      ブログをやっていると、いろいろ変な人が来ますよね。リクエスト承知いたしました。

  3. メイプル より:

    すいません、最初のコメントで「本題」と書いてしまった部分は「本文(続きを読む)」の間違いです。
    失礼しました!

  4. 瑞希 より:

    ディスコネクトのリクエストした者です(確か)
    今更ながらありがとうございました。
    いつも楽しく拝見させていただいてます。
    生々しい現実と映画の虚像教えてくれる
    数少ないレビュアーの一人だと感じてます。
    普段見ない映画などのレビューなども多いので
    いつも拝見する時に次見る映画の参考にさせてもらってます。
    また今度リクエストさせていただきます!

  5. りょう より:

    いやー、最高でした。今回のお題。
    たまってるものが、大噴射する感じの書きっぷりっていいですねー!!

    真剣という名のネクタイ!
    いいね、が自分一件!
    ウケますわー?

    • 映画男 より:

      りょう

      コメントありがとう。まだこのブログ見てくれてたんだね。思えばあれから7年が過ぎちゃったよ。その間、お前の状況はいろいろ変わったのに、俺はあの頃のままで人間的に成長が完全に止まってしまったのをこのブログを読み返すと気づかされます。3日坊主の俺がここまで奇跡的に続けてこれたのは、お前が「バベル」の文句を褒めてくれたのが大きかったと思う。あれで調子に乗ってしまったもんだから、とりあえず10年は続けようかな。

  6. アリア より:

    おはようございます。

    色んなコメントが来るもんですね。ストレス感じているであろう主さんには悪いんですが、カナリウケました。個性に乏しい日本人が匿名になると、オープンマインドになり過ぎるという事かしら。
    自分も気をつけようと思いますw
    私もなにか、
    近いうちにリクエストしてみようかな。

    • 映画男 より:

      アリアさん

      コメントありがとうございます。ぜひ今度リクエストしてくださいね。

  7. rotten より:

    映画おとこさん。
    私は自信をもってあなたのブログが好きだと言えます!
    声を大にして言えます。
    いつも楽しみにしてます。
    これからもいかれた読者に負けず頑張ってくださいね。
    ずっと続けてくださいね。

  8. ススム より:

    はじめまして。
    週に何度か楽しく拝読しております。

    第2、3位の意見が白眉でした。
    爆笑です。
    これからもセンスのある毒で楽しませてください(笑)

  9. Sazu より:

    初めましてこんにちは、
    友達におすすめしてもらいこのブログを拝見しました!
    私も良かったなーと思う作品が上位にランク付けされていたので
    センスあるな!笑と思って読まさせてもらっています。
    お時間ありましたらモリー先生との火曜日、至福の時 のレビューを書いてください!
    楽しみに待っています⭐️

    • 映画男 より:

      Sazuさん

      コメントありがとうございます。今度見てみますね。リクエストありがとうございます。このブログをすすめていただけるなんて、素敵なお友達ですね。

      • たなか より:

        いろいろメンドクセー奴だな。
        生きてて疲れない?

        • 田中 より:

          お前みたいなのがメンドクセーなーってこんなに長々と書いてらっしゃるんだよ!
          文意すら理解出来ないのなら時間を持て余してこんなに長文の文句を書いて下さった記事にコメントすんな!

  10. かねしろ より:

    文句ばっかり言っている人なんて大嫌いなんですけど、全部、ユーモアがあればなんとでもなるだなぁと思いました。大好きになった映画が酷評されているのを楽しみに、素晴らしい映画を紹介してくれることを感謝して、これから、ずっと拝見できたら幸せだと思います

  11. たなか より:

    メンドクセーブログ主にはメンドクセーファンがつくんだな。そんなファンに称えられてブログ主はさらに勘違いをするのだろう…。

  12. 加藤 より:

    お久しぶりです。なかなか最近、覗けなくて俺自身に残念賞です。俺はいいね!とか興味ないんで、いれてませんが、クオリティは俺のなかでは90点代です。切れてるなーと思うのは、海外で悠々自適な生活を送らず、海外の晒された環境下の生活感がこちらに繋がってくるから、俺にとってはそのデバイス感が頼りになるクオリティなんです。

    違ってるからこそ、クオリティ。でも、小手先の口先の机上の違いじゃないという違いですね。違いのわかる男が映画男で、それを認知できるかは、俺自身のセンスかなと思ってます。メンドクセー上等なんすよ。メンドクサクネーとは、脳が新しさを求めず、楽に行こうか、緊張感無しで、に過ぎないので、脳トレにはなんないですね。筋トレも脳トレも、一定の負荷、ストレスは必要です。良いストレスを求めなければ、人生つまらんもんで、認知力は低下するだけですね。

    長文失礼しやした。

    • 映画男 より:

      加藤さん

      素敵な分析ありがとうございます。クオリティー100点を目指して頑張ります。